漫画買取専門店【全巻や単品コミックも高価買取!】

フリーダイヤル:0120-222-776/受付時間 10時から19時 年中無休
買取申込はこちら

石田スイ『東京喰種トーキョーグール』買取強化中です

週刊ヤングジャンプで連載中『東京喰種トーキョーグール』 を読んでみました!
テレビアニメも好評を得ている漫画ですね。




凡庸な大学生・カネキは、カフェで見かける清楚な美女・リゼに憧れていた。

カネキは読書が大好きで、たまたまリゼが持っていた本に興味を持った。
リゼはカネキが敬愛する作家の本を愛読していたのだ。

共通の趣味を持つふたりの距離は、急速に縮まっていった。


楽しいデートの帰り、カネキはリゼに、送ってほしいとお願いされる。

リゼの家の近所では、最近、怪奇な事件が起こっていた。
喰種(グール)”と呼ばれる「ヒトを喰う怪物」が、人間を捕食した形跡が発見されたのだ。

人気のない波止場で、カネキとリゼはふたりきり。
歓喜するカネキをよそに、リゼが本性を現した。

リゼこそが、巷を騒がせている“喰種”だったのだ!

鉄骨落下に巻き込まれたリゼは即死したが、カネキも瀕死の重傷を負い、病院でリゼの臓器を移植されてしまう。


目覚めたカネキは、自分の異変に気付いた。
これまで普通に食べてきた食べ物が、食べられなくなっていたのだ・・・




生き物の命を奪って食べ物に作り変え、さらに自分で食べるというのは、誰にでもできることではありませんよね。

スーパーの棚に陳列されている肉だって魚だって、もともとは生きていました。
多くの人は“食用肉”として売られている物を食べているわけですが、生きた豚や羽根のついた鶏のまま売られていたら、どうでしょうか。
調理したり食べたりするのに、抵抗を抱く人も多くなると思います。


とはいえ肉なり魚なり植物なり、何らかの命をもらわないと人間は命をつなぐことができません。



不思議ですが、生きている仔牛を見せられて「晩ご飯はこの牛」と言われれば嫌悪感を抱くでしょうが、加工された牛肉を見れば、おいしそうな肉だとしか思いません。

“喰種”は生きている人を自分で殺して食べるしかないので、彼らにしてみれば生きている人だって、おいしそうな肉に見えるはずです。
一見、猟奇的で恐ろしい生き物のように感じますが、“喰種”にしてみればごくごく普通の生命活動のひとつです。

ただ、“喰種”が現代人と違うところは、自分と同じ姿かたちをした生き物の命を奪って食べなければならないということ。
これまで一緒に生活してきた友だちが食事に見えてしまうなんて、ちょっと想像つきません。


しかし人間からしてみると、やっぱり“喰種”は天敵でしかありません。
人間に擬態する人間とは別の化物

生命維持のため仕方のない行為だと知っても、人類を危ぶませるものとして、駆逐しようとするのも納得できてしまいます。



どちらも生きるための行動。
共存する道はあるのでしょうか・・・?




さてさて、漫画買取ネットでは、
東京喰種トーキョーグール
のほかにも
諌山創さん『進撃の巨人
大塚英志さん・田島昭宇さん『多重人格探偵サイコ MPD PSYCHO
松本光司さん『彼岸島』シリーズ
平本アキラさん『監獄学園
迫稔雄さん『嘘喰い
などを買取強化しています!
お手元に眠っているお品物がございましたら、ぜひこの機会に現金化を目指してはいかがでしょうか?
コミックはもちろん、CD、DVD、Blue-ray、ゲームソフトなども、高価・簡単・スピード買取の漫画買取ネットにお任せください!
送料・手数料はもちろん無料!高速見積り、他社圧倒の高価査定、迅速入金も保証いたします!



皆さま、ぜひぜひお待ちしております!! 




このページの先頭へ