漫画買取専門店【全巻や単品コミックも高価買取!】

フリーダイヤル:0120-222-776/受付時間 10時から19時 年中無休
買取申込はこちら

羽海野チカ『ハチミツとクローバー』買取強化中です

羽海野チカさん『ハチミツとクローバー』を読んでみました!




19歳の竹本祐太は、美大に通うために上京し、格安の学生アパートで暮らしている。
イメージとは違う生活に戸惑いつつも、少しずつ馴染み、風変わりな先輩・謎のバイトで大金をかき集めてくる森田や世話焼きで女の子にもモテる真山たちと、忙しくも楽しい学生生活を送っていた。


ある日、竹本は教授の花本修司から、花本の親戚で油絵科の花本はぐみを紹介される。
はぐみは人一倍小柄で、「コロポックル」呼ばわりされるほど。

そんな大学生には見えない容姿だが、芸術に関しては才気を発揮し、周囲を圧倒させた。
天才的な感性を見せつけるはぐみに、竹本は一瞬で心を奪われてしまう。


しかし、才能あふれるはぐみに、熱い視線を送るのは彼だけでなく・・・




予定調和では終われない物語ですね。

一枚の絵が完成するまでを見ているような気分になりました。
書き始めはネコを描いているように見えたのに、描き上がったものを見てみるとイルカだった、みたいな・・・

物語はどうしてもストーリーがあって、それに沿ってキャラクターが動くものだという認識があります。


ハチクロ』は、全く逆です。
キャラクターたちは勝手に動いていて、彼らが通った後が、自然とストーリーになっていきます。



人はひとの一面しか見ることができません
よく知った人でも、自分のイメージにそぐわない行動を取る場合があると思います。

漫画においてもそれは起こりうることなんですね。
作者が「こう見せたいな」と思って描いたものを、さらに読者の色眼鏡を通して見ているんですから、現実よりも偏った見方をしている場合もあるかもしれません。

読者の見方を利用して、キャラの個性を一気に見せるのではなく、まだ見せていない部分をゆっくり見せてくれたり、竹本くんたちが成長して変わっていくこともしばしばありました。

読者にとっては奇想天外な行動も多く、「こうなったらいいのに・・・」という希望通りに進むことはまずありません。
回避できるツラい未来に、自分から飛び込んでいくこともあります。


漫画に愛着がわくほど好きなキャラクターには幸せになってほしいものですが、理想のストーリーには程遠いとさえ思いますね。



漫画として読むのなら、もっとほかにも面白い漫画はたくさんあります。
ハチクロ』には、激しい展開もなく、男気あふれるかっこいいヒーローも出てきませんし、ヒロインだってあんまりかわいくないのですから。

でも、人生として見ると、すごく“ありそう”で魅力的です。
子どもから大人に変わる転換期にさしかかった若者たちの迷い、ベストの選択ができない心苦しさを、よく表していると思います。


何事も、期待通りに進むと思ってはいけませんね。




さてさて、漫画買取ネットでは、
ハチミツとクローバー
のほかにも
3月のライオン
小玉ユキさん『坂道のアポロン
荒木宰さん『いつか夜明けの空で待ってる。
二ノ宮知子さん『GREEN
麻生みことさん『路地恋花
などを買取強化しています!
お手元に眠っているお品物がございましたら、ぜひこの機会に現金化を目指してはいかがでしょうか?
コミックはもちろん、CD、DVD、Blue-ray、ゲームソフトなども、高価・簡単・スピード買取の漫画買取ネットにお任せください!
送料・手数料はもちろん無料!高速見積り、他社圧倒の高価査定、迅速入金も保証いたします!



皆さま、ぜひぜひお待ちしております!! 




このページの先頭へ