漫画買取専門店【全巻や単品コミックも高価買取!】

フリーダイヤル:0120-222-776/受付時間 10時から19時 年中無休
買取申込はこちら

高橋留美子『犬夜叉』買取強化中です

現在コミックスワイド版が19巻まで発売されている『犬夜叉』についてご紹介します。
懐かしいタイトルですね!




日暮かごめは神社で生まれ育った中学3年生。
不安は受験勉強ぐらい。

平穏に暮らしていたかごめだが、ある朝、神社の
古井戸から妖怪が現れた!
グロテスクなそれは、かごめを誰かと勘違いして襲い掛かってきたのだ。

絶対絶命のかごめは、化け物と一緒に井戸に落ち500年前の世界へタイムスリップしてしまった。

そこは
妖怪たちの蔓延る世界。

かごめの目に飛び込んできたのは、木に磔にされたまま眠る、銀髪の少年だった。
半人半妖の少年・犬夜叉の胸には矢が刺さっており、その魔力によって封印されているのだという。


迫りくる妖怪たちを倒してもらうため、かごめは犬夜叉を縛り付ける封印を解いた――――





なかなか深い物語です。

犬夜叉と桔梗、桔梗とかごめ、かごめと犬夜叉。
普通の三角関係ではありません。

死んでしまった
恋人の生まれ変わりが目の前にいるというのは、どんな気分なのでしょう。

かごめは仲たがいしたまま死に別れた恋人・桔梗そっくりの別人です。

しかもそこに、死んだはずの桔梗まで現れます。
かごめは未来から来た桔梗の生まれ変わりですし、桔梗は今や土でできた死人・・・

それだけでも、どちらとも一緒にいられない気がしてきますが、犬夜叉自身も人ではない存在。

八方塞がりですね。


そもそも桔梗が好きだからかごめが好きなのでしょうか、かごめだから好きになのでしょうか。

桔梗に未練があるから、かごめと桔梗を比べてしまうわけですよね。

でも好きになったら誰かの代わりでもいいから、一緒にいたいと思う気持ちもあると思います。



難しいところです。



桔梗の気持ちも複雑ですよね。
愛する人と死に別れることになったとき、生き残ったほうには未来がありますよね。

あなたが生き残る立場なら、亡くなった相手に罪悪感を抱かず、新しい恋ができるでしょうか。

あなたが死ぬ立場なら、相手の新しい恋を素直に応援できるでしょうか。

実際に死んでみたら意見が変わるかもしれませんが、自分だけであってほしいと思う人もいるはずです。
中途半端に生き返ってしまったから、なおさらそんな気がします。


少年漫画であるのを忘れそうなくらいドロドロの展開ですね。
けれど、これだけ複雑な経験をして結ばれたふたりの絆は、何人にも邪魔することができない確固たるものかもしれません。




さてさて、
漫画買取ネットでは、
犬夜叉
のほかにも高橋留美子さん作品
うる星やつら
めぞん一刻
らんま1/2
境界のRINNE
などを買取強化しています!
お手元に眠っているお品物がございましたら、ぜひこの機会に現金化を目指してはいかがでしょうか?
コミックはもちろん、CD、DVD、Blue-ray、ゲームソフトなども、高価・簡単・スピード買取の漫画買取ネットにお任せください!
送料・手数料はもちろん無料!高速見積り、他社圧倒の高価査定、迅速入金も保証いたします!



皆さま、ぜひぜひお待ちしております!!



 
このページの先頭へ