漫画買取専門店【全巻や単品コミックも高価買取!】

フリーダイヤル:0120-222-776/受付時間 10時から19時 年中無休
買取申込はこちら

咲坂伊緒『アオハライド』買取強化中です

咲坂伊緒さんの『アオハライド』を読んでみました~!


青春っていいですね!

みなさん17歳のころはどんな青春を送っていましたか?

これからのかたはどんな青春にしたいですか?



高校生の吉岡双葉は、ずっと男子が苦手でした。

初恋の相手は、中1のときに転校してしまった田中くんただひとり。

彼は男臭くなくて、双葉が唯一平気な男子でした。


そんな双葉の前に現れたのは、田中くんによく似た男子・馬淵洸。


学校からの帰り道、馬淵を見かけた双葉は真相を確かめるため、こっそり後をつけます。

彼は、双葉がかつて田中くんと雨宿りした思い出の神社へ入っていきました。

「急に降ってきたよね」


馬淵は中学時代の田中くんと、全く同じ言葉をかけてきました――――



高校時代、こんな駆け引きのある恋愛してました?
何も恋愛だけが青春じゃないわ・・・と自分を慰めてみても、やりきれないむなしさがこみ上げてきます。
高校時代どころじゃありません。人生で一回も、こういうのない・・・

そもそも青春とはいったい何なのでしょう?未だによくわかりません。



ただひとつはっきりしているのは、楽しい恋愛だけが青春ではないということ。

今まで感じたこともない苦しみや、どうしようもないことに激突するのも青春だと思います。



成海が出てきて、洸が同じ境遇からくる使命感に燃え、洸は双葉を傷つけてしまいました・・・

ひとの心はどうしようもないですね。

好きになろうと思って好きになれるものでもないし、あきらめようと思ってあきらめられるものでもない。

このくだりで双葉が冬馬と付き合えばいいのにって何度思ったことでしょう。

つらいことがあったとき、慰めてくれる人がいたら利用したくもなります。
冬馬だって双葉がフラれたところに付け込んだわけですから、双葉が罪悪感を感じる必要はありません。


人間ってやっぱりどっかで話を都合よく持っていこうとするんですよね。なんだかんだ相手の幸せよりも、自分のことを考えちゃう部分があると思います。

そういう人間らしい部分を自覚して自己嫌悪するのも、青春の醍醐味でしょうか?

双葉は洸への気持ちに踏ん切りつけられず、冬馬に応えません。


すっごく誠実で、勇気がいることですよね。
成海に自分のこじつけをぶちまけてた双葉とは思えません!



不器用な青春時代を一生懸命駆け抜けていくところが、ハイティーンの魅力のひとつですね。
目の前の出来事に精一杯で本人たちは気づいてないんですけど、でも確実に前へ進んでいってるのが伝わってきます。

経験が増えていくと、そういう初々しいパワーが薄れていくんですよ・・・



「もっと17歳を満喫しなければ!」



存分に青春を謳歌してほしいものです!



さてさて、漫画買取ネットでは、
アオハライド
のほかにも、別冊マーガレットの漫画
君に届け
オオカミ少女と黒王子
虹色デイズ
ハニー
ReReハロ
などを買取強化しています!
お手元に眠っているお品物がございましたら、ぜひこの機会に現金化を目指してはいかがでしょうか?
コミックはもちろん、CD、DVD、Blue-ray、ゲームソフトなども、高価・簡単・スピード買取の漫画買取ネットにお任せください!
送料・手数料はもちろん無料!高速見積り、他社圧倒の高価査定、迅速入金も保証いたします!



皆さま、ぜひぜひお待ちしております!!



 
このページの先頭へ