漫画買取専門店【全巻や単品コミックも高価買取!】

フリーダイヤル:0120-222-776/受付時間 10時から19時 年中無休
買取申込はこちら

【イノサン】買取強化中!

皆さまこんにちは!お盆が明けて仕事に勉強にと忙しい日常が戻ってきたことかと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回紹介するのは、【イノサン】です!!

 

現在は第二部として『イノサン Rouge』が刊行されていますね。

この【イノサン】は題材が非常に重く、とても興味深い歴史漫画作品です。

題名の「イノサン」とはフランス語で、英語で言うと「Innocent 読み:イノセント(無垢な)」という意味になります。

フランス革命といえばマリー・アントワネットやルイ十六世の処刑が有名だが、その影の主役である「処刑人」であった一族・サンソン家の四代目当主・シャルル=アンリ・サンソンが主人公。
シャルルは非常に純粋であったがゆえに、『ムッシュ・ド・パリ』と呼ばれ、人々から恐れられる処刑人の職を継ぐことに苦悩するが、「いつか死刑を無くす」という目標を掲げ、辛いながらも死刑執行人として生きることを選んだのであった…。

この時代、死刑執行人というものは国王から直々に任命される「正義の番人」であるとされていたそうです。また、死刑執行に際し、学び得た技術や知識を医療行為として社会へ貢献するという医師のような反面もありました。
ですが、刑務の印象があまりにも強烈過ぎて、世間からは「死神」と呼ばれ恐れられる、悲しい矛盾を抱えた過酷な職業だったそうです。
この時代、死刑執行は民衆に公開されていたため、特に残酷な処刑は人々にとって見るのを楽しむ娯楽であったというのが、現代では信じられないですね…今で言う映画みたいなものでしょうか?

ちなみに、このシャルル=アンリ・サンソンという人物は実在の人物で、実際に国王ルイ十六世の処刑の指揮を執った死刑執行人だそうで、安達正勝氏の『死刑執行人サンソン』という書籍が本作品の出典とのことなので、興味がある方はこちらの書籍も同時に読んでみてはいかがでしょうか。

とても絵が綺麗で書き込みが凄いので、それだけでも読み応えがあります!

気になった方はぜひ一度お手にとってみてくださいませ~!

 

さてさて、漫画買取ネットでは、

【イノサン】

のほかにも、

ヤマノススメ

テラフォーマーズ

重版出来!

三者三葉」なども買取強化中です!!

コミックはもちろん、CD、DVD、Blue-ray、ゲームソフトなども、高価・簡単・スピード買取の漫画買取ネットにお任せください!
送料・手数料はもちろん無料!高速見積り、他社圧倒の高価査定、迅速入金も保証いたします!

皆さま、ぜひぜひお待ちしております!!

このページの先頭へ